読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みなぶろぐ

http://ameblo.jp/kr2240/から移行します。古い記事はそちらへ 電車撮ったり街歩いたり音いじったり

大阪から紀伊半島を回って名古屋まで(2-3日目)

前記事のつづきです

 

 2日目は和歌山からJRきのくに線こと紀勢本線に乗車。普通電車で紀伊半島を南下します

 

113系和歌山駅に姿を見せなくなったのって5年も前なんですね、当たり前のように223系や225系がローカル運用に入ってます。羨ましいぞ(209系ばっかり来る千葉駅を見ながら)

f:id:minagare:20170509025446j:plain

 

路線記号の記された発車案内。JR西日本の標準でしょうか

f:id:minagare:20170509025500j:plain

 

左手にはミカン畑と山が、右手には紀伊水道が見える車窓

f:id:minagare:20170509030208j:plain

 

御坊に到着

f:id:minagare:20170509030313j:plain

 

紀州鉄道に乗り換え。普通鉄道としては西日本最短の2.7kmのミニ路線*1*2。地元密着感が伝わる手書きのメッセージ

f:id:minagare:20170509030507j:plain

 

終点西御坊駅。停車中のディーゼルカー信楽高原鉄道出身

f:id:minagare:20170509030430j:plain

 

かつては終点西御坊駅から先の路線もあり、廃線跡も未だに多く残されている。きーえるひこーきぐもー…♪*3

f:id:minagare:20170509030641j:plain

 

1月に発生した脱線事故の現場付近。バラストは敷きなおされ臨時の速度制限がかかっていました

f:id:minagare:20170509031549j:plain

 

きのくに線に戻って2日目の宿がある紀伊勝浦へ。御坊までは223系、紀伊田辺までも転クロの113だったのに紀伊の南端はオールロングなのはちょっと推せない

f:id:minagare:20170509031744j:plain

 

紀伊勝浦到着

f:id:minagare:20170509032027j:plain

 

駅のある本土から船に乗ってホテル浦島の温泉へ。勝浦は温泉もありマグロもありなかなかいいところです

 

夕食は駅近くの「まぐろ三昧 那智」で。美味しかったです

f:id:minagare:20170516025040j:plain

 

3日目。合宿の最終日です

紀伊勝浦駅からバスで那智大社

f:id:minagare:20170516025451j:plain

熊野古道を登る

f:id:minagare:20170516025537j:plain

f:id:minagare:20170516025605j:plain

f:id:minagare:20170516025620j:plain

 

おみくじもちゃんと引きました

f:id:minagare:20170516025302j:plain

>小吉

>〇勝負事 自分の方が悪い

>〇雇庸 むつかしい、再考せよ

>〇金運 よくばるな

うーんこの

 

奥に見えるは那智の滝

f:id:minagare:20170516025640j:plain

f:id:minagare:20170516030115j:plain

近づきました、迫力です

f:id:minagare:20170516030146j:plain

 

山の麓の駅に戻り特急南紀に乗車。南紀特急回数券をみんなで使いました。これぞ鉄オタの節約テク

f:id:minagare:20170516030230j:plain

f:id:minagare:20170516030415j:plain

 

f:id:minagare:20170516030909j:plain

名古屋からのラストスパートは新東名スーパーライナー。18券で鈍行で戻るのはつらすぎるので2000円高いけど*4確実に座れてリクライニングもスマホ充電もできる高速バスを選びました。東名の昼行バス乗るのは初めてだったりする

 

終点東京駅。ちかれた

f:id:minagare:20170516031007j:plain

*1:日本最短は2.2kmの千葉県の芝山鉄道

*2:第三種鉄道事業者は含めず

*3:御坊が聖地の人気エロゲの主題歌。こんなこと書いてたら歳がばれちゃう

*4:当日券では5250のところ学割で4200円